C.I.S News

災害への備えは大丈夫?非常食にもなる缶詰の魅力

株式会社シー・アイ・エスの須賀です。

ゲリラ豪雨や台風などをはじめ最近、全国各地で多発している地震など、いつ自分の身近で発生するか不安に感じている方も多いのではないでしょうか?

被災した際は食料不足が問題となります。

普段から非常食等を準備しておくことが大切ですが、非常食といえば缶詰を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

昔であればあまり美味しくないイメージのある缶詰ですが、最近ではとても美味しい缶詰も増え普段から食べている方も増えているようです。

今回の記事では、普段でも美味しく食べられて、災害時に役立つ缶詰についてご紹介したいと思います。

なぜ食料不足になるのか

引用元:https://tukimizu.com/how-to-earthquake-disaster-food-security

大規模な災害が発生した場合は以下の理由などにより被災地が食料不足に陥ります。

コンビニやスーパーに買い物客が大勢で押し寄せ瞬く間に商品が購入される

水道、ガスなどのライフラインが停止

高速道路、空路、鉄道などが麻痺することにより他地域からの物資運搬が困難

このような理由から食料不足となってしまいます。

食料が供給されるまでにどのくらいかかる?

被災状況によって変化しますがおおよそ3日間、長くて7日間は時間がかかると想定されています。

そのため居住地の市町村の役所にあらかじめ備蓄してある非常食が支給されることとなりますが、数に限りがある場合や、孤立してしまった場合は食料の調達が困難な場合もあります。

どのようなメニューが提供されるのか?

保存期間が長い

●菓子パン

●おにぎり

●カップ麺

などの炭水化物系が主なメニューとして提供される場合が多いでしょう。

災害備蓄をしておくことが大切

いざというときに備えて最低限人数分の食料を自宅に備蓄しておきましょう。

1人あたり3日分の備蓄品があると安心です。

飲料水

非常食

生活品(トイレットペーパー、テッシュ、マッチ、カセットコンロ)など。

その中でも非常食に注目

先程、炭水化物が多い食料品が多いとご紹介しましたが、最近の缶詰などをはじめとする非常食の中には普段でも食べたくなるほど美味しいものや、栄養バランスの良いものまで、多種多様な商品が販売されています。

美味しさ

最近では、缶詰が益々美味しくなっており、缶詰専門店や缶詰BARが全国各地で出店するなど缶詰の魅力が高まっています。
缶詰を日常的に食べている人も多く、非常食としてだけでなく普段の食事にもなくてはならない存在となっているようです。
ご当地缶詰など地域特産の缶詰の販売もされており、ふるさと納税の返礼品にもなっています。
ぜひいろんな缶詰を試してみてお気に入りのものを災害用としても保管してみてはいかがでしょうか?
ふるさと納税の制度やメリットはこちらの記事でご紹介しています。
ふるさと納税初心者が知っておくべき5つのこと

引用元:https://gourmet-note.jp/posts/7531

栄養バランス

被災した際に支給される食事は、お米やカップ麺など炭水化物が中心となります。
栄養バランスが崩れ体調不良の原因ともなるため、野菜の保存食があると栄養バランスを保つことができるためオススメです。
缶詰やパックなど様々なタイプで販売されています。

引用元:https://www.bousaikan.jp/tokusyu/180129.html

レスキューフーズ

被災時は、電気や水道などのライフラインが停止することもありカップ麺や電子レンジを使用する食品が食べられない可能性があります。
そんな時にオススメなのが、レスキューフーズです。
付属の発熱剤を使用するだけで、熱々のご飯を食べられる事ができます。
種類もカレー、シチュー、牛丼など様々な種類があります。

引用元:https://www.bousaikan.jp/tokusyu/180129.html

意外なあの品も!

最近では缶詰とは思えないほどの超高級品も登場しているようです!

タラバガニ

言わずと知れた高級食材のタラバガニの缶詰は、お値段は1万円を超えるものがあるそうです。
贈り物として購入される方が多いようです。


引用元:https://www.kokubu.co.jp/brand/100/0317720.html

●バームクーヘン

缶詰とは思えないほどお洒落な缶詰に入っているのはバームクーヘン。
チーズケーキやプリンなどスイーツ系の缶詰も人気あるようです。

引用元:https://precious.jp/articles/-/17468

普段用にも災害用にもなる缶詰

数多くの種類がある缶詰ですが、美味しさも以前よりもさらに美味しくなっているようです。

普段の料理に使用してもよし、余った分は災害用に備蓄してもよしと、用途を使い分けられる缶詰をチェックしてみてはいかがでしょうか?