オンライン保険

自分に合った保険の提案

保険加入目的診断

全部で10の質問に「はい」か「いいえ」でお答えください。あなたに合わせた保険を自動で診断しご提案いたします。

*

Q1
節約、倹約を心がけていますか?

*

Q2
旅行、レジャーなど余暇を楽しめていますか?

*

Q3
あなたに万が一のことがあった場合に、経済的に困る方はいますか?

*

Q4
ケガ病気による治療費、医療費に備えておきたいですか?

*

Q5
生命保険の保険料は最低限で十分だとお考えですか?

*

Q6
健康年齢に自信はございますか?

*

Q7
お子様の教育資金に備えておきたいですか?

*

Q8
老後の資金に備えておきたいですか?

*

Q9
持病をお持ちですか?

*

Q10
インターネットでの保険加入手続きに抵抗がありますか?

*

診断結果

あなたにご提案する保険の加入目的は次の通りです。

*

まずは今の家計と保険料から見直していきましょう
是非店舗にてお待ちしております。

Web予約はこちら

死亡保障に備える
ライフステージや家族構成、収入、支出などによって必要な死亡保障の金額は異なります。ご年齢に応じて、保障金額を設定し、お子様が独立されるタイミングまでの保障期間を設定することで保険料を抑えつつ、必要な保障がご準備できます。チューリッヒ生命の定期保険プレミアムDXでは保険期間を55歳~90歳満了、10年定期まで自由に選択できる点がお勧めです。例えば10年定期、死亡保障1000万の保険金額、30歳男性の場合でも月々970円*¹でご準備できます。
*1:非喫煙優良体型の場合の保険料となります。募補02373(2021/03/15)
手術給付金に備える
最近では入院せずに外来で行う手術が増えております。従来の医療保険では入院を伴う手術に対してのみ保障ができますが、現在では全手術の約半数を外来手術が占めると言われております。入院日額の設定金額に関わらず、外来手術給付金を設定して受け取れる点がお勧めです。外来手術給付金に特化したプランの作成については「保険設計 ライトプラン」→日額を3,000円に設定→手術保障特約「入院:20万円/外来:10万円」を選択して設定することができます。一時金と組み合わせて加入することにより、それぞれの会社の強みを生かし、保険料を抑えて加入することができるのでお勧めです。
健康診断書を用いて、保険料を抑えつつ、生活習慣病の一時金に備える
最近では健康診断書を定期的に提出することで、健康年齢が若ければ、実年齢よりも若い年齢で保険料を計算することが可能です。加入時は実年齢で加入いただき、更新時に事務手続きが発生しますが、健康年齢に自信のある方は保険料を抑えることができますのでお勧めします。特に従来の生活習慣病に起因する8大疾病の一時金を保障する保険より大幅に保険料を抑えることができます。
がんの一時金を準備する
最近のがん治療は通院治療が多くなり、自由診療など多様な治療法があります。それらの中でご自身にあった治療法を選択でき、一時金を受け取れるがん保険をお勧めします。Coming soon
医療費を一時金でカバーする
最近では入院日数は短期化しております。従来の日額タイプよりも入院日数に関係なく一時金が受け取れる保障の準備をお勧めします。入院一時金に特化したプランの作成については「プランを確認・変更」→オプション7大疾病延長入院給付「付加しない」を選択→入院一時金を最大20万円まで設定可能です。チューリッヒ生命の終身医療保険は入院一時金を高く設定できる点がお勧めです。募補02373(2021/03/15)
三大疾病の一時金に備える
がんに加え、心疾患、脳血管疾患が三大疾病と呼ばれております。ネオファースト生命の「ネオdeいりょう」の三大疾病一時給付特約(2021)は、初めてがん(上皮内がんを含む)と医師により診断確定されたときにがん一時給付金をお受け取りいただけます*¹。また、心疾患、脳血管疾患により、1日以上の入院(日帰り入院*²を含む)をしたとき、または公的医療保険の給付対象となる手術を受けたときに心疾患一時給付金、脳血管疾患一時給付金をお受け取りいただけます。各給付金はご契約後一回限りではなく、それぞれ1年に1回を限度に何度でも受け取ることができます。三大疾病一時給付特約(2021)を付加したプランの作成については、保障設計画面のプラン選択でライトプランまたはおすすめプランを選択→主契約を3,000円に設定→三大疾病一時給付特約(2021)50万円を選択して設定することができます。

*1:2回目以降はがん(上皮内がんを含む)の治療を目的として入院をしたときにお受け取りいただけます。

*2:日帰り入院とは入院日と退院日が同一の入院をいいます。支払対象の日帰り入院に該当するかどうかは入院基本料の支払有無などを参考にネオファースト生命が判断します。

※上記の作成内容については一例であり、お客さまのニーズに合わせて保障内容を調整いただけます。

※対面でのお申込、インターネットでのお申込の場合、一部取扱が異なります。詳細は募集代理店にご確認ください。

B20N1243(2021.2.12)

教育資金に備える
こちらでは現在オンラインで手続き可能な保険会社がない為、ご来店にて対応させていただきます。

Web予約はこちら

老後資金に備える

こちらでは現在オンラインで手続き可能な保険会社がない為、ご来店にて対応させていただきます。

Web予約はこちら

死亡保障を準備する
ライフステージや家族構成、収入、支出などによって必要な死亡保障の金額は異なります。ご年齢に応じて、補償額が変動して、少ない保険料で高額な保障に備えられる逓減定期保険をお勧めします。しかし現在オンラインで手続き可能な保険会社がない為、ご来店にて対応させていただきます。
医療費をカバーする
最近では入院日数は短期化しております。従来の日額タイプよりも入院日数に関係なく一時金が受け取れる保障の準備をお勧めします。入院一時金に特化したプランの作成については「内容を編集する」→日額3000円に設定→手術給付金なし→下にスクロールして「入院一時金 細かく設定する」にて最大20万円まで設定可能です。

【Web予約】保険のご相談はこちら