C.I.S News

近日発表予定?GoToトラベル2.0とは?

株式会社シー・アイ・エスの須賀です。

コロナ感染も激減してきており、年末年始に帰省や旅行を計画している方も多いのではないでしょうか?

計画の中で気になるのが、岸田内閣が発表している『Go To 2.0』ではないかと思います。

今回の記事では、『Go To 2.0』の開始時期や従来のGOTO トラベルとの内容の違いなど11月8日現在の情報をもとに『Go To 2.0』についてまとめていきたいと思います。

GoTo トラベル2.0の再開時期はいつ?

2020年に実施されたGoToトラベルですが、岸田内閣の発足によりGoTo2.0として生まれ変わろうとしています。

Go To 2.0の実施期間ですが2021年11月8日現在の情報では未定となっています。

Go To 2.0の予約開始日についても現時点では未定です。

GoTo トラベル2.0の再開予定時期は?

Go Toトラベル2.0の再開時期は、早くて11月下旬に再開されるが発表されるのではと予想されています。

ただし、現在は年末まで各地方自治体による県民宿泊割が実施されており来年からの再開になる見通しもあります。

GoTo トラベル2との違いは?

2020年に実施されたGo To トラベルと『Go To 2.0』では何が変わるのかをまとめます。

ワクチン接種証明が必要になる?

2020年のGoToトラベルでは、ワクチン接種の体制が整っていなかったため、誰でも制度を利用する事ができましたが

GoTo2.0では感染予防対策のため、コロナワクチン接種が完了していないと利用できなくなる可能性があります。

新型コロナウイルス陰性証明が必要?

ワクチン接種が完了していたとしても、コロナウイルスに感染しないとは限らないため陰性証明が必要となると予想されています。

現在では、簡易PCR検査センターが各地に設置されているため、時間がかからずPCR検査の結果を確認する事ができますが、費用が発生するため条件発表に注目です。

平日利用促進を目指したキャンペーンになる?

前回のGoToトラベルでは休日と平日での割引率が統一であったため、土日に予約が殺到していました。

当然休みが土日である方が多いためですが、『GoTo2.0』では平日利用を促進するために平日宿泊を優遇するシステムの構築が検討されているとのことです。

宿泊料金によって割引率が異なる?

1回目のGoToトラベルでは一律35%OFFでした。

そのため、お得感が高い高級ホテルへの予約が集中しGOTO トラベルの恩恵をあまり受けることのできない宿泊施設から不満が生まれました。

GoTo2.0では、高額の宿泊施設に予約が集中しないような仕組み作りが議論されているため、宿泊金額によって割引率が異なる可能性があります。

まとめ

前回のGoToトラベルの反省点も踏まえて慎重に検討されている『Go To 2.0』ですが、コロナ感染防止のためワクチン接種証明や陰性証明などのキャンペーン利用条件が注目されます。