C.I.S News

申請期限間近!マイナポイント申請は終わりましたか?

株式会社シー・アイ・エスの須賀です。
2019年10月からスタートしたキャッシュレス・消費者還元事業ですが、2020年6月で終了しました。
新たな消費刺激策として、「マイナポイント」が始動致します。
そこで、今回はマイナポイントについて分かりやすくご説明させていただきたいと思います。

マイナポイントとは

マイナポイントとは、総務省が実施するマイナポイント事業で、マイナンバーカードとキャッシャレス決済サービスの普及を目的としています。 マイナンバーカードを取得することで、最大5,000円分のポイントを獲得できます。

ただし、期限があり2021年3月末までに、マイナンバーカードの申請をした方が対象です。

マイナポイントを申し込み、2021年9月末までにチャージまたはお買い物で、ご利用金額の25%分のポイント  (上限¥5,000円分)を受け取ることができます。

・先着で5,000万人がポイント獲得できます。

 どんなメリットがある?

例えばあなたが、PayPayを使っているとします。

20,000円のチャージすると、25%分で¥5,000円分のポイントがもらえます。

20,000円⇒25,000円分の買い物ができるのでおトクですね! 自分のよく使うキャッシュレス決済を選択できます。 計111(2021年2月25日時点)のキャッシュレス決済サービスが登録されているので、 ご自身に合ったキャッシュレス決済を見つけましょう。

その他にも、マイナンバーカードを発行することで・・

・コンビニで住民票や印鑑証明書を取得できる

・オンライン上での本人確認書類に使用できる

・電子確定申告に使用できる・・etc

マイナンバーカードを持つことになるので、 各種行政手続きがオンラインでできたり、コンビニなどで公的な証明書を発行できたりします。 公的な身分証明書になるので、本人確認が必要な手続きなどにもマイナンバーカードが使用できるため、マイナポイントの他にも各種手続きの簡略化に繋がります。

対象となるキャッシュレス決済サービス

2021年2月25日時点で、マイナポイント対象のキャッシュレス決済サービスは以下の通りです。

・電子マネー(45)

・プリペイド(24)

・QRコード(18)

・クレジットカード(21)

・デビットカード(3)

対象となるキャッシュレス検索はこちら
https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/service_search/

※ マイナポイントの公式サイトにて、対象となる決済サービス検索ができます。 〈注意点〉 家族でマイナポイントを申し込みする際は、家族人数分のキャッシュレス決済手段が必要です。 1人1人に決済サービスと連携できる「マイキーID」が発行されますが、1決済サービスに 1つのマイキーIDしか紐づけできないためです。

ご利用の流れ

手順 受付時期 ご利用手順
受付け中 マイナンバーカードの取得
※マイナンバーカード取得までには時間がかかります。  受け取るまで約1か月(地方自治体によっては3か月かかる可能性もある)ので、早めの申請がおすすめ。
受付け中
令和3年9月末日(予定)
マイナポイントの予約
※パスワードを入力、マイナンバーカードを読み取る、予約完了(マイキーID発行)の流れになります予約ページはこちら
受付け中
令和3年9月末日(予定)
キャッシュレス決済サービスを選択
※電子マネー(45) ・プリペイド(24) ・QRコード(18) ・クレジットカード(21) ・デビットカード(3)  2020年2月26日現在
受付け中
令和3年9月末日(予定)
マイナポイントの取得
※選択した決済サービスで、チャージやお買い物をし、マイナポイントを取得します。
受付け中
令和3年9月末日(予定)
マイナポイントの利用
※選択した決済サービスが使えるお店でお買い物ができます。

おわりに

お買い物やチャージをするだけで、5,000円分のポイントをもらえるのは嬉しいですね。 マイナンバーカードを取得しようと思っていた方は、マイナポイントを受け取る申請をすることをおすすめします。 現在、キャッシュレス決済サービスを利用している方、これから利用ようしていこうとしている方にも、 おすすめです。

自分の考えやライフスタイルに合うお金の使い方(決済方法)を、色々と試してみる良い機会かもしれません。