C.I.S News

ペットにも防災準備を。準備しておきたいペット用防災グッズ

株式会社シー・アイ・エスの須賀です。

異常気象や大規模地震がいつ起きてもおかしくない昨今、災害に備えて防災グッズを常備している家庭も多いのではないでしょうか?

特にペットを飼う家庭では、人間だけでなく愛犬や愛猫のための備えも必要になるかと思います。そこで今回は一緒に避難する際に役立つペット用防災グッズをご紹介していきたいと思います。

行方不明にならないための対策

東日本大震災では犬や猫が飼い主とはぐれてしまう事態が相次ぎました。いざというとき愛猫・愛犬を守り、一緒に避難するには準備が大切でしょう。

ペットが行方不明にならないための対策としてオススメなのが

・迷子札
・紛失物防止タグ
・マイクロチップ

それぞれご紹介していきます。

迷子札

引用元:https://pawmy.jp/tag/

首輪に簡単に取り付ける事ができるのはペット用迷子札です。
最近では、マイナンバーならぬマイニャンバー迷子札など可愛いものも増えているようです。

スマートタグ

引用元:https://sakidori.co/article/208670

GPSを使ってスマホアプリから対象物の居場所が確認できるスマートタグを活用する事もできるでしょう。
居場所を把握して自身で探しに行くことができます。

マイクロチップ

マイクロチップは、直径2㎜、長さ約8~12㎜の円筒形で世界で唯一の15桁の数字(番号)が記録されており、この番号を専用のリーダー(読取器)で読み取ることができます。
このマイクロチップはペットの体内に埋め込みます。

そのため、脱落や紛失の可能性がなく、データベースを専用のリーダで照合するため飼い主の元に帰って来る可能性が高まります。

詳細は環境省HPをご参照ください。
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/pickup/chip.html

ペット用防災グッズ

避難所へ移動できたとしても、ペットのトイレやゲージはどこ?など事前に準備しておかなければ周りにいる避難者へ迷惑がかかってしまう場合もあります。
ここからは、ペット用の防災グッズをご紹介したいと思います。

ポータブルゲージとトイレセット

パッと簡単に広げられるケージとトイレがセットになったものがオススメです。猫壱さんで発売されているものは、軽く、折りたたむとコンパクトする事ができることに加えて、底面に敷くフリースマットと収納袋も付属されており、さらにケージ、トイレ、マットの全てを袋に収納する事ができるため、持ち運びに便利なものとなっています。

避難所でのおもちゃ

避難所での生活は、人と同じでペットも不安でストレスが溜まります。
ペットにおもちゃを与えて遊ばせようにも、周りの人への影響を考えて遊ばせられない可能性もあるでしょう。

そんな時に、役立ちそうなのがサイレントボールなどの人間には聞こえない周波数で音がなる製品です。
避難生活の中で周囲に配慮しつつ飼い主もペットも安心して遊べるおもちゃとなっています。

ペットにも災害の備えを

ペットと同行避難するために、いまやるべきことを今のうちにチェックしておきましょう。

・療養食・薬
・ペットフーズ・水
・キャリーバックやゲージ
・予備の首輪やリード
・ペットシーツ
・排泄物の処理用具
・トイレ用品
・食器

準備したグッズはも、いざというときスムーズに使えるよう日ごろから部屋に置いたり、たまに使ったりするなど日頃から十分な備えを行なっておきましょう。