オンライン保険

オンライン保険

Coming soon

来店が面倒、あまり時間をかけたくない、対面を避けたい、そんな方にはネットで申込手続きが完了するオンライン保険がお勧めです。

こちらでは保険クリニックで採用してます「IQシステム」を少しでも疑似体験できるようにお客様の目的に合わせて、「IQシステム」で徹底比較した結果、今最も選ばれている保険を推奨させていただきます。

保険はあくまで保険です。我々は必ずしも保険が生活に必要不可欠だとは考えません。あくまで生活の手段の一つに過ぎません。

生活の質を上げるためのリスク対策ではあっても、家計の負担になることで、生活の質を落とさなければいけないということは絶対にあってはならないと考えております。保険は分からない所が分からないとよく言われます。

保険を選ぶ際に最も大事なのは「加入の目的を決める事」。

ただ漠然と不安だからと加入するのではなく、目的を明確にした上で保険には加入していきましょう。

こちらでは保険の目的を考えるサポートもさせていただきます。まずは自分自身にあった目的を探していきましょう。

目的で考える、保険の選び方

死亡保障を準備したい
ライフステージや家族構成、収入、支出などによって必要な死亡保障の金額は異なります。ご年齢に応じて、補償額が変動して、少ない保険料で高額な保障に備えられる逓減定期保険をお勧めします。Coming soon
医療費を一時金でカバーしたい
最近では入院日数は短期化しております。従来の日額タイプよりも入院日数に関係なく一時金が受け取れる保障の準備をお勧めします。入院一時金に特化したプランの作成については「内容を編集する」→「入院日額 細かく設定する」を選択し、日額3,000円に設定→日数の限度を60日から30日→手術給付金なし→下にスクロールして「他の特約も見る」を選択し、「入院一時金 細かく設定する」にて最大20万円まで設定可能です。退院してから、90日経過後の入院に対しても新たに給付金が受け取れる点もお勧めします。
外来手術費用からカバーしたい
最近では入院せずに外来で行う手術が増えております。従来の医療保険では入院を伴う手術に対してのみ保障ができますが、現在では全手術の約半数を外来手術が占めると言われております。入院日額の設定金額に関わらず、外来手術給付金を設定して受け取れる点がお勧めです。外来手術給付金に特化したプランの作成については「保険設計 ライトプラン」→日額を3,000円に設定→手術保障特約「入院:20万円/外来:10万円」を選択して設定することができます。一時金と組み合わせて加入することにより、それぞれの会社の強みを生かし、保険料を抑えて加入することができるのでお勧めです。
がんの一時金を準備したい
最近のがん治療は通院治療が多くなり、自由診療など多様な治療法があります。それらの中でご自身にあった治療法を選択でき、一時金を受け取れるがん保険をお勧めします。Coming soon
三大疾病の一時金に備えたい
がんに加え、心筋梗塞、脳卒中が三大疾病と呼ばれております。その中でもがん、心筋梗塞、脳卒中に至る前の段階の上皮内新生物、心疾患、脳血管疾患から一時金を受け取れる保険をお勧めします。
健康診断書を用いて、保険料を抑えつつ、生活習慣病の一時金に備えたい。
最近では健康診断書を定期的に提出することで、健康年齢が若ければ、実年齢よりも若い年齢で保険料を計算することが可能です。加入時は実年齢で加入いただき、更新時に事務手続きが発生しますが、健康年齢に自信のある方は保険料を抑えることができますのでお勧めします。特に従来の生活習慣病に起因する8大疾病の一時金を保障する保険より大幅に保険料を抑えることができます。
教育資金に備えたい
こちらでは現在オンラインで手続き可能な保険会社がない為、ご来店にて対応させていただきます。
老後資金に備えたい
こちらでは現在オンラインで手続き可能な保険会社がない為、ご来店にて対応させていただきます。

持病・入院歴のある方へ

死亡保障を準備したい
ライフステージや家族構成、収入、支出などによって必要な死亡保障の金額は異なります。ご年齢に応じて、補償額が変動して、少ない保険料で高額な保障に備えられる逓減定期保険をお勧めします。しかし現在オンラインで手続き可能な保険会社がない為、ご来店にて対応させていただきます。
医療費をカバーしたい
最近では入院日数は短期化しております。従来の日額タイプよりも入院日数に関係なく一時金が受け取れる保障の準備をお勧めします。入院一時金に特化したプランの作成については「内容を編集する」→日額3000円に設定→手術給付金なし→下にスクロールして「入院一時金 細かく設定する」にて最大20万円まで設定可能です。

損害保険

海外旅行時の治療費に備えたい
海外での治療費は日本と違い、健康保険制度が適用されませんので、高額化する傾向にあります。現地での病院手配も含め、不安な方には海外旅行保険をお勧めします。

自転車保険加入義務化に伴い、保険を準備したい
全国的に自転車保険も自賠責保険と同じように加入義務化の傾向にあります。これは全国的に自転車事故に関するトラブルが相次いでいるためです。宮崎県でも2021年4月1日より義務化となるため、これから自転車に乗られる方にお勧めします。また加入されたご本人だけでなく、同居のご家族、別居の未婚の子まで補償対象となるため、ご家族単位でのご加入をお勧めします。
車を購入したわけではないが、レンタカーやカーシェリングのため数日だけ保険を準備したい
最近では車を所有される方が減っている中で、車をシェアして利用される方が増えております。そこで乗る時だけでいいので、自動車保険を準備したいという方にお勧めします。
バイクにもロードサービスが付帯された保険を準備したい
バイクも車と同様に故障などにより自走不能となったりすることがありますが、バイクのロードサービスが付帯されている保険会社は少ないです。ロードサービスが付帯でき、手軽に加入できる保険会社をお勧めします。
やっぱり相談したい
是非店舗にてお待ちしております。